広島県生口島~瀬戸内しまなみ海道広島と愛媛を多々羅大橋で結ぶ~

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ、瀬戸内しまなみ海道。広島から愛媛へ向かう、広島県最後の島が生口島(いくちじま)です。

島の斜面には、みかんやレモンが栽培され、山の緑と海の青とのコントラストが美しい島です。また、愛媛県の大三島とを結ぶ多々羅大橋は、建設時には、斜張橋としては、世界一の長さを誇り、美しい立ち姿と、島の自然とで絶景を生み出しています。

シルクロードを描いた画家として有名な平山郁夫さんの生まれた土地であり、作品には、生口島の風景や暮らしが描かれたものも多数あります。

観光名所には、平山郁夫美術館、耕三寺、シトラスパーク、サンセットビーチなどがあります。また、映画「転校生」で主人公の二人が家出をして泊まった旅館があります。

耕三寺は、「西日光」と呼ばれ、実業家の耕三寺耕三さんが、お母さまのために建てられた、さまざまな建築様式が施された寺院です。耕三寺には、ここでしか見られない展示があり、きっといつまでも土産話になることでしょう。
小さな島に、自然と住む人の魅力がたくさん詰まった、レモンのようにさわやかな島です。ぜひ一度訪れられることをお勧めします。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ