引越荷物作りが間に合わないなら、「一時預かり」も利用

引越するたびに、あらためて荷物の多さにびっくりしがちなものですね。せっせと荷造りしても間に合いそうもないと感じたら、無理せずに「一時預かり」を利用してみてはいかがでしょうか。引越業者のサービス項目にある場合もありますし、専門業者の「一時預かり」もあります。トランクルームなどの業者も「一時預かり」に対応してくれるところがあります。

さて引越で「一時預かり」を利用するとなると、次のような時にも便利です。例えば「転居後に新居のカーペット敷きこみ工事があるので、その部屋の荷物は後から入れたい」、「新居に荷物を解くスペースや置いておく場所があまりない」「転居後にすぐ来客がある」「介護中なので引越前後の荷物の整理にあまり時間がとれない」という場合も大丈夫です。

量の多い書籍や食器、衣服なども、すぐに使わないものは「一時預かり」にしてはいかがでしょうか。都合が良くなった時に荷物を引き取ってゆっくり整理すると、引越時のストレス軽減にもなり、思いのままにきちんと収納できます。引越時に「急いでとりあえず収納したけれども、どこにしまったか、よくわからないものもある」なんていうことも避けられそうですね。

なお「一時預かり」の利用は、実は引越前にもメリットがあります。前もってかなりの荷物を減らすことができるので、引越用の荷造りが、荷物が減った分だけは必ず楽になるのです。これは見逃せません。

この「一時預かり」を利用しようと決めたら、どの業者にするか、必ず早めに見積もりをとるようにします。費用に納得したら、かなり前から「一時預かり」を利用するという手もあります。引越前後の忙しさが軽減できて嬉しいですね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ