引越した先にエアコンが無い時 取り付けは引越し業者にも依頼できる

引越しした先の設備が良くない時もあります。その一つがエアコンが無い時です。このエアコンの取り付け作業はできるだけ早くしてほしい時期もありますね。ちょうど夏の暑い時期に引越した時には、どうしたらいいのでしょうか。

・エアコンの取り付けも引越し業者に依頼できる

エアコンが始めから設置されている所もありますが、時にはエアコンが無い物件もあります。そんな時には引越し業者に依頼も出来ます。自社でエアコンの取り付けをしている業者もあります。

あるいは専門業者に委託する形でエアコン取り付けを引き受けている会社もあります。エアコンが無い物件なら引越しの依頼をする時についでに、まとめて依頼しておけば手間が省けます。

エアコンの取り付けはなかなか複雑です。自分でするのは素人では難しいです。では価格はどの程度かかるのでしょうか。実はそのエアコン取り付けにかかる費用を公表している業者は多くはありません。

ですから、実際に見積もりを出してみて確認するといいでしょう。ですが、おおよその相場料金は1台あたりでおよそ2万円前後になります。しかし、実際にはこれに配管パイプ延長の料金や、化粧カバーなどの料金も追加でかかる事が多いです。

パイプ延長する理由はエアコン取り付けの時に室外機を置く場所なく、部屋から遠い所に設置する必要がある時などに使います。ちなみに配管パイプの延長料金は1mでおよそ2000円から3000円程度が相場になります。

またその物件の状況次第ではコンセントの交換、穴あけなどの費用も掛かります。ですから、工事にはある程度費用がかかる事は見越してお金を用意しておきましょう。

ここで紹介した意外にも引越しに活用できるお役立ち情報をご紹介しているサイトは複数存在します。
業者選びをはじめ、梱包の方法、そして引越しの準備といった必要な知識を身につけ、引越しに備えることによってムダな出費のない満足できる引越しを終える事が出来ます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ