自動車保険ビギナーズラボ

自動車保険がどういったものなのかという事は、実際に自動車での事故を経験してみないと実感できないものです。しかし自分がリスクを負ってからでは遅いのです。このページでは、ドライバーの体験談に基づいて自動車保険の重要性について解説しています。

自転車との事故を起こした際の対応

■PEACHIMAさん(群馬県 女性 41歳)からの投稿

普段から自動車を運転する際には、事故を起こさないようにと注意をして運転しています。
ところが、あの日はほんの一瞬の私の不注意から事故をおこしてしまう結果になったのです。

事故当時の状況ですが、私が自動車(加害者)、相手の方は男子中学生(被害者)で自転車でした。
私の車が交差点を左折した際に、左から来た自転車を跳ねてしまったのです。

完全に私の不注意いでした。いつもなら左折巻き込み確認をしているのですが
その時は、前方の何かに気を取られていてすっかり確認をしていなかったのです。

この事故で、私は自動車保険会社に加入していたので、相手の方への補償などはすべて保険会社に任せました。
保険会社の方にも言われたのですが、当事者同士で怪我の補償はいくらにするとか示談にするとかいった話はしないでくださいと言われました。
当事者同士だと後々後遺症が出た際などに、揉め事になるからなのだそうです。

事故当日中に保険会社から相手の方に連絡をしてもらえました。
保険会社の方で、相手の方の怪我の状況、事故の状況、物品の破損などを確認してもらい今後の補償の参考にしました。

私の方で何かしたらいいのかわからなかったので、保険会社の方に聞いたところとりあえず、
相手の自宅がわかっていれば直接行ってお詫びしたほうがいいといわれたので、菓子折りを持って翌日にお詫びに伺いました。

事故翌日にも保険会社から連絡が入り、お詫びに行った後のことは全て保険会社が処理するのでお任せくださいと言われました。

事故を起こしてから1週間ぐらいは2日に1回ぐらいの感じで連絡がきたのでとても良かったです。
事故を起こすといろいろ不安ですが、ちょこちょこ連絡してもえたので事故解決してくれているんだなと安心しました。

事故発生から事故解決まで、最後は示談書を交わして終わったのですが事故解決までに私が直接相手と補償について話すことはなく、
全て保険会社がやってくれたので、話がこじれることなくスムーズに進み助かりました。

その他、役立つ情報サイト

  • 様々な事故のケース別に、必要な自動車保険について考察するサイトがこちらです。インターネットでの一括の見積もり方法についても紹介しています
サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ